数学公式の語呂合わせ – 数式は楽しく覚えよう

2018年10月5日

このページは、こんな人へ向けて書いています
  • 数学の公式が覚えられない
  • 公式を語呂合わせで覚えたい
  • 暗記は嫌いだが、何とかして覚えたい

数学にはたくさんの公式が登場します。

先生からは覚えろと言われるけれど、眺めてても全然覚えられないですよね。

「だって覚えるのはつまらないんだもん!」

私がそうでした。

 

そんな私みたいな人に、数学の公式を楽しく覚えるための語呂合わせを紹介します。

せっかく覚えるなら、数式を楽しく覚えましょう!

以下から覚えたい数式を見つけてね。

スポンサーリンク

図形の公式

サインを使った三角形の面積を求める公式

覚える公式

\begin{align}
S &= \frac{1}{2} ab \sin{C} \\
S &= \frac{1}{2} bc \sin{A} \\
S &= \frac{1}{2} ca \sin{B}
\end{align}

語呂合わせ

【覚え方①:リズムで簡潔に覚える】

$$S = \frac{1}{2} ab \sin{C}$$

「鈍(にぶ)いエビさん シーっ!」


$$S = \frac{1}{2} bc \sin{A}$$

「鈍いバカさん え~!」


$$S = \frac{1}{2} ca \sin{B}$$

「鈍いCAさん ブ~!」


 

【覚え方②:イメージで覚える(鈍い3人から誰と結婚するかを選ぼう)】

$$S = \frac{1}{2} ab \sin{C}$$

「鈍いエビさん しあわせになれそう」


$$S = \frac{1}{2} bc \sin{A}$$

「鈍いバカさん ええ子そう」


$$S = \frac{1}{2} ca \sin{B}$$

「鈍いCAさん ビューティフル」

 

【アドバイス】
三つの公式は基本的に全部一緒ですね。どれか一つだけ覚えれば十分です。

 

ヘロンの公式

覚える公式

\begin{align}
S = \sqrt{s(s-a)(s-b)(s-c)}, \quad s= \frac{a+b+c}{2}
\end{align}

語呂合わせ

もう(帰宅)ルートの中でえす!「さーあ さぼって さしみ~♪」
エスカルゴは煮た上でえびしおを加えて食べてね。

【アドバイス】
部活をさぼって、帰っている光景を思い浮かべましょう。おいしい夕飯が待っています。

 

内接円の半径を使った円の面積を求める公式

覚える公式

\begin{align}
S = \frac{r}{2} (a+b+c)
\end{align}

語呂合わせ

2分もあるなら囲め!ABCマート!

【アドバイス】
これは、すごく私のツボでした!囲んで何をする気でしょうか?
何の公式か覚えるときは、円を囲んでいる三角形ABCを思い浮かべましょう。
ABCマートに囲まれている円の面積ですね。

 

外接円の半径を使った円の面積を求める公式

覚える公式

\begin{align}
S = \frac{abc}{4r}
\end{align}

語呂合わせ

【その1】

「用ある上の階のえびのしっぽ屋」

【アドバイス】
用があった部屋の上の階では、海老のしっぽが売っています。


【その2】

「よんアールでABC♪」

【アドバイス】
吉岡里帆さんのCM「URであーる」のメロディーにのせて

※ABCが言いにくい…

 

正三角形の面積を求める公式

覚える公式

\begin{align}
S = \frac{\sqrt{3}}{4} \times \text{1辺}^2
\end{align}

語呂合わせ

「新聞取るーとさ。変変!」

【アドバイス】
新聞なんて普段読むことのないあの人が新聞をとると言っている。変すぎる。

 

正五角形の面積を求める公式

 


※コメントの反映には少し時間がかかります

スポンサーリンク